ダイエットで胃を小さくする上で注意するべき事

ダイエットで胃を小さくする上で注意するべき事

ダイエットをする時に真っ先に思いつくのが、食事制限だと思います。運動という発想は結構二の次になり、まずは食べる量を減らす事や食べるものを制限するなどを考えてしまいます。脂っこい食事などももちろん太ってしまった原因ではありますが、1回の食事で食べる量が多いのも問題でもありました。

 

どれだけ食べてもすずお腹がすいたり、満腹感を感じれないため、お菓子などの間食までしてしまいます。胃を小さくする事は容易ではありません。初めのうちはやはり物足りないですし、空腹感があり、お腹もよく鳴ります。そして時間もかかります。

 

1週間程度我慢しただけでは到底小さくはならず、1ヶ月は続ける必要がありました。しかし、断食など全く食べずにいれば、すぐ小さくできるのではないか?と思ってやってみましたが、断食もやり方を知らない人がやると危険なものだと思いました。急に始めるには危険で、段階を経て食べなくしていくようで、急激におこなえば胃の傷みなども出てきます。

 

早く小さくなればそれだけ、食べる量も減りはしますが、急激になんでもやろうというのは危険だという事が身をもってわかりました。それからは、時間をかけてゆっくりやっていこうと決めて、3食はきちんと取りながら、よく噛んで食べるという事に集中して、おかしくなってしまっていた満腹中枢への信号を正常に戻すように心がけ、できるだけヘルシーで少量でも満腹感を感じられるもの、例えば噛みごたえがあるコンニャクなどを使った料理を食べました。

 

また、どうしても完食を食べたい時はポップコーンのプレーン味を食べていました。噛みごたえがあり、ポップコーン自体のカロリーは低いわけではないですが、膨れ上がっている分、1袋の容量が少なめなので、他のお菓子に比べると1袋あたりのカロリーは少なくなりますので、美味しくてすぐ満腹感も得られ、ダイエット中にはとても助かるお菓子だと感じました。また、徐々に胃を小さくする事は、胃への負担も少なく済みます。

 

1ヶ月くらいしてから、食べる量も減り、少量でも満腹感を得られるようになりました。

 

しかし、あまりに過度に食べる量を減らすと今度は、ちょっと多めに食べてしまった時に、胃痛を伴う事もあるため、小さくするのもほどほどにした方が良いかと思います。逆に全く食べれなくなってしまう事もあるそうで、やはりダイエットも程度にしておかなければいけないという事も知りました。そして、保つためにバランスを取りながらセーズする事が大切だと思います。